舛添都知事の政治資金流用問題

東京都知事の舛添要一氏が、政治資金を私的に流用したのではないかという疑惑が世間を騒がせている。この問題は、舛添都知事が私的にお金を利用し、休日に別荘に行ったり、芸術品を購入したりなど、規則に乗っ取らない使い方をしたのではないのかという問題だ。このような都のトップの人間が、だらしのないことをしてよいものか。もちろん良いはずがない。これを受け舛添都知事は記者会見を開いたが、その内容は決して納得のいくものではなかった。会見の中で舛添都知事はなんども「詳しいことは第三者の調査で」と、第三者という発言をした。この一点張りである。肝心な問題の中身についてはまったく釈明がなく、説明責任を全く果たせていない。その後も再び会見を行ったが、同じように第三者の繰り返しであった。都民の怒りは収まらない。わたしも、都のトップがこのようなみっともない振る舞いをしていることに怒りが収まらない。都民の税金をそのようなことに使う人間がいることが信じられない。舛添都知事には何としても説明責任を果たしてもらい、納得のいく説明を必ずし終えてから、進退を決めていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です